弁護士に無料で交通事故について相談する方法

弁護士事務所によっては、交通事故被害者への相談料を無料にしているところがあります。インターネットで検索し、そうした事務所を探しましょう。電話で相談できることころもあります。何件か電話してみて、その中から自分に合った弁護士事務所を選び、依頼するとよいでしょう。交通事故の被害者はけがをしていますので、弁護士事務所まで足を運ぶことは困難です。そうした事情に配慮し、電話相談を受け付けている事務所は、より信頼できると考えることもできます。電話に出るのは事務員かもしれませんので、弁護士かどうかを確認してから相談するといいでしょう。自分の事故状況のようなケースを扱い慣れているか、自分の立場に同情的かというところなどを見ていきましょう。相性は大事です。

相談料も着手金も無料の事務所も

交通事故の被害者は、ある日突然に傷害され、日常を奪われた状態ですから、相談料や着手金ですぐ大金を用意するのは難しくて当然です。そのために弁護士に依頼するのを躊躇すると、のちにたいへんな不利益をこうむることが少なくありません。重傷の場合は間違いなくそうです。交通事故は初期対応がとにかく大事ですので、初期費用を無料にしている事務所があるというのは、被害者にとって心強いことです。相談料や着手金を受け取っても、あまり熱心でない弁護士事務所がないとは限りません。しかし、賠償金が出てからしか弁護士への支払いが発生しないというシステムの事務所になら、そうした懸念は必要ないでしょう。交通事故に精通しているからこそできるシステム、とも言えます。弱っている被害者が、一時的にせよ、持ち出しをしなくて済むことの意義は大きいです。

当初から弁護士に相談することのメリット

交通事故では初期対応が非常に大事です。それはのちに過失割合を決める際にも、事故直後の対応が大事になってくるからです。被害者はけがのことで頭が一杯で、そこまで気が回らないものです。加害者側は健康になんの支障もないため、自分に有利なように主張し、印象づけるようあの手この手を使っているかもしれないのですが、被害者は入院中だったりして、何も知らず、何もできずじまいになることも珍しくありません。事故直後に被害者が立場をきちんと主張するのは、けがをしているから困難です。事故当初こそ弁護士が必要なのです。その時に費用の持ち出しが障害になってはならないわけです。インターネットや電話帳などで、相談料無料、着手金無料の弁護士事務所を探し、事故直後から依頼することです。