交通事故を起こした時に弁護士をどう頼むのかを説明します

交通事故で弁護士に依頼をする時、何を依頼するのか初めに整理してから依頼しましょう。
次に法律事務所を選びますが、事務所によっては、人身事故の代理人のみを受任する事務所と物損と人身の両方を受任する事務所で過失割合は交渉してもらえない事務所、対物、人身、過失割合すべてを引き受けてくれる事務所、大きく分けるとこの3つに分けられます。
一番多いのは、人身のみの事務所です。
人身のみ受ける事務所も、大きく分けると2つに分かれます。
一つ目は、治療中から示談まで交渉してくれる事務所。
治療中であっても、何らかの理由があると治療打ち切りを申し出る保険会社もあるので、治療中から相談に乗ってくれる弁護士さんがついてると安心して治療に専念できます。
もう一つは、治療が終了してその後の示談を変わりに行ってくれる事務所です。
正式に依頼する前に電話等で確認することをお勧めします。 

交通事故において物損と過失割合の交渉は簡単なようで複雑です。

物損事故の交渉では、まず車両の時価額を調べることが大切です。
それは、修理代が時価額を超えるとぞくに言う全損となるわけですが、難しいのは、保険会社が提示する時価額と、こちら側が提示する時価額に差があるときです。
では、時価額は、どのように調べればよいのか?保険会社は、普段使う時価額を決めるための資料をお持ちですが、一般の人でそのような資料を持っている人はまずいません。
ではどうやって調べればよいか?簡単なのは中古車情報でご自分と同じ車種を探して走行距離や年式などできるだけ近いものを何台かピックアップして平均価格を出しますが保険会社となかなか金額が合わないのが殆どです。
そこで弁護士さんに代理で交渉となるわけです。
また過失割合に関しても個人で交渉するよりも弁護士さんにお願いした方が解決するのは早いです。

交通事故による人身の方は、怪我だけでなく死亡の時もある。

交通事故で一番大変なのが、人身事故です。
これは、自身にとっても保険会社にとっても、とても難しいものがあります。
単に怪我と言っても、人それぞれ怪我の度合いも違えば、治療にかかる日数も違ってきます。
保険会社は、治療の途中で支払を打ち切ります。等を通告してくるときがありますが、まだ治癒もしていないのに、治療ができなくなっては、不安で仕方ありません。
そこで治療中から交渉をしてくれる弁護士さんがついていてくれれば、治療を引き続き受けることも可能です。勿論保証されるものではありませんが治療が打ち切りになり自分で交渉するのは、至難の業です。
また医師から症状固定の診断を受けると、その後は後遺症害の認定になるわけですが、ここまでくると保険会社の提示してくるものに納得できない場合の交渉は、個人では、よほど勉強しない限りは無理です。
交通事故に遭遇したときは、迷わずに弁護士さんに相談することをお勧めします。

交通事故の法律問題は中村・橋本法律事務所におまかせください。 突然の交通事故の時も、私たちが保険会社との示談交渉のサポートを致します。 専門スタッフが病院への同行も行う事務所です。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 当事務所では、他の事務所のように様々な事件を扱うのではなく、交通事故を専門に扱っておりますので、知識や経験の量が違います。 交通事故の弁護士なら中村・橋本法律事務所